マルシェ・インターネット・店舗で販売しています。

在家塚直売所(山梨県南アルプス市)

野菜・お米・小麦粉を置かせて頂いております。


☁️有機村(山梨県甲府市)
小麦粉とお米を置かせて頂いております。

⚡️たまご村敷島店
お米と野菜を置かせていただいております。


☀︎太陽のマルシェ(東京都中央区勝どき)

八ヶ岳元気村、NPO南アルプスファームフィールドトリップさんを覗いて見て下さいませ。

🌙インターネット販売
月伸し餅(1枚、2キロ以上で2300円、送料800円です。2枚以上、何枚でも送料は800円です)。
→まだ、在庫があります。

南アルプス市、韮崎市、北杜市、富士川町、甲斐市、中央市、昭和町、甲府市は、送料無料です。
頑張って、回って見ようと思います。

*賞味期限は、保存料など一切使用しておりませんので、常温で1週間、冷蔵庫で2週間、冷凍庫で3ヶ月間です。

⑵①新米の出荷、始めました。晩生品種のイセヒカリです。玄米発芽率約100%。白米・玄米とも、10kg7000円です。
→まだ、在庫があります。籾で保管しています。

マンゲツモチ米も販売しております。同じく10kg7000円です。
→完売致しました。ありがとうございました。

②地粉(準強力粉、ニシノカオリ)、販売しております。1kg720円です。
→完売致しました。ありがとうございました。

③地粉(強力粉、小麦の唄、キタノカオリベースのパン用硬質小麦粉)1kg830円となります。
→完売致しました。ありがとうございました。

*佐川急便で送らせて頂きます。

*お米も小麦粉も合計10kg以上で、送料無料とさせて頂きます。

季節野菜詰合せの宅配サービス、隔週で再開致しました。お問い合わせくださいませ。
→春まで、停止中です。申し訳ございません。

以上、すべて農薬と化学肥料を使わずに育て、小麦とお米は、天日干しで仕上げました。
……………………………………………………
<追記① 玄米食について>
玄米食を続けておられる方に、時折り見られる症状として、顔色が悪く、いかにも不健康に見える方がいらっしゃいます。 
以下、ご参照下さいませ。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

玄米には、またあらゆる植物の種には、子孫を守る為、動物に食べ過ぎられないよう身を守る事や             
土の上に落ちても腐る事なくやがて発芽に適した季節になると芽を出す事が出来る様に、栄養成分を中に閉じ込めたまま外に出さないメカニズムが働いている。 

それがアブシジン酸とフィチンという発芽抑制因子であり、人間にとっては毒成分である。 

なので、玄米をそのまますぐ炊いて食べるとその毒成分も食べてしまう事になる。 

アブシジン酸
細胞の中のミトコンドリアが損傷され、エネルギーが作り出せなくなって、低体温、不妊、ガン、体内酵素の働きが鈍くなり免疫が低下する。 

フィチン
ミネラルの吸収を阻害する (近年、高い抗がん作用、解毒排出作用などが注目されているようです)

その二つの毒の成分を無毒化する方法として 

1、乾煎りにする 
→しかし、乾煎りした玄米を炊くとパラパラして美味しくない。 

2、水に一定以上浸水させて前発芽状態にする
→充分な浸水によって柔らかくなり、前発芽状態になって成分が変化し発芽抑制因子という毒成分が消える。 

『玄米の浸水時間』 

常温の水で 
夏12時間    冬24時間 
(圧力鍋などを使うことによって、発芽適温を持続させると、上記の半分の時間もかからず、前発芽状態にすることもできます)

『お米の発芽適温』 
     30〜37度 
     最高42度 

ちなみに 、炊き方は
15分中火 
5分強火 
20分極弱火 
火を消して15分蒸らす 

玄米1合に対して水1合 
柔らかいのが良い場合 
水⒈3合 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<追記②  イセヒカリについて>

イセヒカリは、コシヒカリの突然変異種と言われている。平成元年に伊勢神宮の神田で発見された。平成8年1月16日、酒井逸雄少宮司は皇大神宮御鎮座二千年を記念して「イセヒカリ」と命名。現状では、未品種登録で各県の奨励品種にはなっていないが、硬質米タイプのためその由来(皇室米)からもコメ輸出向きの品種と期待される。

育成経過
平成元年、伊勢地方を台風が二度襲った。被害を受けた神宮神田「西八号田」のコシヒカリは完全に倒伏したが、中央に2株並んで直立している稲があることを神田事務所の森晋(神田管理責任者)が発見し、試験栽培を試みる。

特性
中生で、コシヒカリよりも稈が太く下位節間が短いので耐倒伏性が強い。二次枝梗籾数が多く多収で耐病性もあり、甘味はコシヒカリ以上。蛋白質は低く硬質米であるため酒米にも向いている。炊飯には十分に水に浸すこと。寝る前に仕掛けて朝炊いた昔の炊き方(6時間は水に浸す)が基本になる。